輪になって太鼓のリズムを楽しもう

みんなで輪になってドラム(太鼓)を叩く。
とても単純なことですが、実はこれが人間にとって大きな意味を持っています。
音楽の基本であるリズムを多くの人で共有することで、
言葉を使わないコミュニケーションが発生します。
言語にとらわれず、耳で、目で、今一緒に叩いている人のことを確かめながら
お互いにリズムを合わせたら、そこには自然と笑顔が溢れてくることでしょう。
難しいルールや叩き間違いはありません。
思ったままに叩いて、リズムを楽しむだけ。
多くの人のリズムがひとつになることで、これまでに体験したことのない感動が生まれるはずです。
簡単に音が出せる太鼓を使って、音楽の原点に触れてみませんか?

 

5

文字通り、太鼓(ドラム)の輪(サークル)のことです。
叩けば音の出るパーカッションは、誰にでもすぐ演奏できる楽器です。
参加者のひとりひとりが太鼓やシェーカーといった打楽器を持ち、自由に叩いてみてください。
ドラムサークルではみんなが輪に なって「ファシリテーター」と呼ばれるガイド役の進行によって、パーカッション(打楽器)による即興のアンサンブルを楽しみます。年齢、性別、人種、音楽経験等は問いません。 ドラムサークルはストレス解消や心のリフレッシュだけでなく、音楽療法の分野でも大変注目されています。

6

ファシリテート(Facilitate)という言葉には「容易にする」「促進する」という意味があります。それを担当するファシリテーターはサークル(輪)の中心でさまざまなボディーサインやリズムを駆使し、皆が仲良くなるのを「容易」にし、 皆が楽しむのを「促進」する役割を勤めます。
参加者は、自分が間違いはしないかという心配をする必要は全くありません。ファシリテーターの進行によってどんなハプニングも即興上の楽しい要素となってアンサンブルが発展していきます。

 

7

ドラムサークルには楽器(パーカッション)が必要ですが、特定の楽器を持ってなければいけないというルールはありません。イベントの時は会場に楽器が用意してありますし、ホームパーティーなんかでは身近などんな物でも楽器の代わりになります。まずは、ドラムサークルに手ぶらで参加してみて、そこでパーカッ ションが大好きになったら、自分が気に入った楽器を買って参加してみましょう。自分の楽器で参加するドラムサークルはまた格別に楽しいものですよ

8

もちろんです。ドラムサークルの目的は上手に演奏することではありません。同じ空間で一緒に演奏している人達とリズムを合わせ、心を通わせることができれば OKです!全く知らない人、親子、仕事仲間、クラスメイト。どんな関係性でも同じリズムを共有することにより言葉よりさらに深いコミュニケーションが生ま れるのがドラムサークルの特筆すべき特徴なのです。重ねて参加する事によって、だんだん心地良い音が出て、気持ちいいリズムの取り方を覚えたら、いつの間 にかリズム夢中になっているはず。最初は大いに間違えてください。その時出てくる笑顔こそがドラムサークルの一番重要な要素になるのです。

JBドラムサークルには何ひとつルールはありません。
みんなの鼓動(リズム)がひとつになり、同じ空間を共有することができれば大成功です。
参加者のみなさんと一緒に楽しみながらアンサンブルを作っていきたいと思っています

 

Join the Beatドラムサークル

2005年〜
パーカッションを使った即興的な参加型ライブイベント〜JungleBeerドラムサークル(太鼓の輪)〜を主催。
2005年8月より「JBドラムサークル」として都内ライブハウスを 中心に月に1〜2回のペースで開催。
2005年11月、横浜で開催された「楽器フェア2005」でDCFA主催ドラムサークルのファシリテーターを務める。
2006年5月、世界的なイベント「One World Beat」に参加。 世界配信のオフィシャルHPに取り上げられる。
2007年5月、東京国際フォーラムで行われたデザインフェスで500人の観衆を
ファシリテート(国内最大規模)
東京だけでなく、札幌・苫小牧・静岡・名古屋など、地方でも幅広く積極的にドラムサークル を開催。
また、障害者施設・児童館でも定期的に開催し、そのほとんどがリピーターとして存続している。
2006年夏、文化放送新社屋に設置されるイベントスペース や六本木ヒルズの屋外スペースで、レギュラーイベントとして展開。
2009年〜
五十嵐公太(元JUDY AND MARY)と始めた参加型リズムアトラクション「Drumming High!」を展開。
FM TOKYOホール、クラブチッタ川崎などで400〜500人の観客と共に打楽器を叩くという、
他で類を見ない打楽器イベントとして注目を浴びている。
2012年〜
拠点を広島県福山市に移し、福山在住のミュージシャンを集め、新たな「JBドラムサークル」を結成。
福山市の各地で楽しいリズムの輪を広げています。

 

リズムアトラクションDrumming High!の様子 JBドラムサークル2013ツネイシフェスタの様子